見せベルトで夏のおしゃれにアクセントを!

4見せベルトで夏のおしゃれにアクセントを!

薄着の季節のファッションはシンプルになりがちですが、上手に見せベルトを行うことでファッションにアクセントを盛り込むととてもおしゃれを演出することができます。

見せベルトには様々な種類があります。
まずバックルを見せるファッションスタイル。
大きめのバックルを取り付けてTシャツやトップスの前の部分をバックルにかけるだけで完成するとっても手軽におしゃれを楽しめるファションスタイルです。

現在では取外し可能なバックルが増えているため、大きめのロゴやデザイン性の高いバックルを取り付けておしゃれにアクセントを入れるととてもいいですよ。

次に細めのベルトを用いたファッションスタイル。
特に女性に多く見られるファッションですが、ウエストラインを引き締めてみせることができるためスタイルの良さをアピールしたい方にとっては取っても便利!
ホワイトやブラウン系はどのカラーとも相性がいいため、とても合わせやすいのでコントラス効果を踏まえた中でコーディネートに盛り込んでみてください。

最後に2重ベルト。
秋冬ファッションに多く見られるファッションスタイルですが、シンプルになりがちな夏にロックに決めたい方は取り入れていきましょう。

カラーバランスとベルトの太さがポイントになるので、厚くなりすぎないように細めの物をダブルで取り付けるようにしましょう。

薄着だからこそ、通常できないファッションスタイルが確立できるのです。
上手な見せベルトをコーディネートに取り入れて、暑い夏をおしゃれに彩りましょう。

今年の夏はダメージパンツでキマリ!

夏ファッションの定番といえば、ショーパンやハーフパンツ。

デニム素材のショーパンやハーフパンツは夏ならではのおしゃれアイテムで上手にコーディネートすることで夏らしい爽やかな印象とおしゃれな印象を与えることができます。

そこで今年の夏ファッションで注目されているのが、ダメージ加工を施したショーパンやハーフパンツです。

ヒップラインにダメージ加工が入っていたり、膝のところにダメージ加工が入っているものがあったりと、ダメージ加工でセクシーに魅せるファッションの人気が高まっています。

ダメージというと、通常のデニムがメインという印象がありますが、ただでさえ露出度が高めになる夏ファションでさらに露出度を高めることが出来る点が、セクシーさをアピールするのにもってこいと世界的に人気が高まっています。

そうなると肌のケアやムダ毛の処理も夏ファッションのポイントとなりますね。

こういった流行を受けて各ブランドでも新作アイテムを発売しているため、一度店頭を覗いたり、ネットショップを見てみるのもいいかもしれません。

購入費用が厳しい場合は、手持ちのアイテムをリメイクして自分だけのオリジナルアイテムを作ってもいいかもしれませんね。

この夏大注目のセクシーダメージパンツ。
1着あるだけで一夏大活躍しそうですね。

ハーフパンツをリメイク!ペイントの入れ方!

夏に大活躍するアイテムの1つ、ハーフパンツ。
既存の物を身につけるのもいいですが、自分だけのオリジナルハーフパンツを身に着けてみませんか?

ダメージ加工を入れるとなると、難しそうだし時間がかかりそうと思っている人も、ペイントであれば短い時間で簡単に入れることができますよ。

準備するものは筆とペンキのみです。
手芸センターで安く手に入るので好みのカラーを調達しましょう。

筆はやや太めのものがいいです。
細いラインを入れたい方は細筆も準備しましょう。

自宅でペイントを入れるときは必ず新聞紙を大きめに敷きましょう。
床がとんでもないことになりますので…笑

玉や無造作に広がるラインを入れたい方は筆にたっぷりのペンキをつけて筆の水切りをするようにパンツに向かって振っていきましょう。

狙いを定めて行うことで無造作におしゃれなペイントを入れることができます。

細め~太めのラインを入れたい方は筆にある程度のペンキをつけてゆっくり線を引いていきましょう。
ペンキをつけすぎると玉になってしまいますし、書き始めが太くなってしまうため、何回も途中でペンキをつけ直すようにしましょう。

ペイントを施したらしっかりと乾燥させて裏面に映りましょう。
この時期なら2~3時間も乾くでしょう。

おしゃれなアイテムを自分のセンスと感覚でオリジナルで作る。

爽やかな印象を与えやすい夏だからこそファッションに様々なカラーや柄を取り入れて夏を思いっきり楽しみましょう。

ハーフパンツをリメイク!ダメージ加工の入れ方!

セクシーさをアピールするのにもってこいのダメージ加工。
ダメージパンツというとすでに加工が施してあるものを購入する方が多いのではないでしょうか。

しかし、ダメージ加工は自分で簡単に入れることができます。

用意するものは工具用のカッターナイフ1本だけです。
これだけで手持ちのデニムがおしゃれなダメージデニムに大変身!

やり方はカッターナイフでデニムを削っていくだけです!笑
ただ、この作業、かなり時間がかかります。
1時間で5cmしか入らなかった…という場合もあります。

なので時間をかけて作成したする覚悟をしておきましょう。

ダメージ加工はほどよく入っている状態がオシャレ度を引き上げるので、入れすぎないように注意をしましょう。

また、デニム素材を削っていくと白い糸が出てくるのでその糸を切ってしまわないように慎重に行いましょう。

カッターナイフで削り始める前に、自分で理想のデニムをイメージしましょう。
膝のところにどれくらいの大きさでダメージを入れるか、細いラインで仕上げるのか、大きめのダメージにするのか、前だけでなく後ろも入れるか、前後のバランスなど細部にこだわっていきましょう。
サイト等でもアップされているので、参考にして理想のダメージデニムを作り上げましょう。

手間と時間はかかるものの、自分で作ったオリジナルアイテムは愛着が沸きやすいです。
この夏、愛用するダメージデニムをオリジナルで作成してみませんか?